なぜ、パウチ型が人気があるのか?その理由とは?

今、水素水を飲んでいる人の間でパウチ型タイプのものの人気が高まってきているそうですが、これにはどのような理由があるのでしょうか?

パウチ型とはレトルト食品やゼリー飲料にも使われている密封したビニール状の容器に入っているタイプのもので、大きさは手のひらと同じか少し大きいかくらいのものが主流となっています。

それではなぜ今パウチ型の水素水が人気なのかというと、先ほどお伝えしたパウチ型の特徴に大きなヒントが隠されています。

まず水素水の大きなデメリットは元素の中でももっとも軽い水素を使っていること、すなわち一度蓋を開ければ速やかに出て行ってしまう点があげられます。

しかし悪玉の活性酸素を中和するためにはこの水素が欠かせませんから、蓋をあけたらできるだけ早く飲みきることが勧められます。

ペットボトルだと少し多すぎるため、飲みきることが難しく残してしまうことも頻繁にあるでしょう。

またウォーターサーバーは自宅では使えますが、外出先では使えません。パウチ型ならコップ一杯分の水素水が詰まった容器を持ち歩けますし、蓋をあければすぐに飲みきれます。

軽いのでかばんの中に入れて持ち運ぶことができますから、職場や外出先でも飲むことができます。このように携帯に便利な点がパウチ型の人気を高める要因になっており、世代問わず購入する人が多いです。

中には自宅ではウォーターサーバーを、外出先ではパウチ型をという人もいます。